更新 平成27年5月30日  自然栽培1年目

無農薬栽培に取り組む新潟県秋葉区にお住まいの田んぼにパワースポット100の製品を設置しました。

 

田んぼの中央に約70センチの穴を堀りました。

 

穴の底に置いた状態の写真です。

田んぼの中の作業でジャマにならないように約60センチの深さに設置して写真のように埋めました。


1㍍以上の深さで埋めた場合はオルゴンエネルギーは地球に吸い込まれてしまいますので注意して下さい。

 

場を良くしようと墨などを埋める方は1㍍以内に埋めれば効果があります。しかし、1㍍以上の深さに埋めた場合は効果はありませんので注意が必要です。

 

 

平成27年4月5日

左の図はパワーK65の製品をイオン測定しました。その結果、円柱を中心として半径30㌢の距離で上下の面や側面はマイナスイオンはゼロを示しましたので本体を中心として約60センチの球の場を作っていることが、数値で確認できました。

・左の図はパワーK65の製品です。

 

K65のタイプは、回りに500mlのペットボトル7本置けます。しかし写真のように本体にくっつけてセットしますと、回りにおいたボトルがエネルギーを吸収してしまうので本体に乗せた水はオルゴン化は遅くなります。 2~4㌢程度離してセットして下さい。

・製品の本体の中心に500mlのペットボトル1本置けます。

・安価で手軽に使える製品です。

・左の図はパワーK100の製品です。イオン測定しました。その結果、上下の面や側面は皆40㌢の距離でマイナスイオンゼロの数値で測定できました。本体を中心として約80センチのバスケットボールのような形で場を作っていることを確認できました。

・K100のタイプは、回りに500mlのペットボトル8本置けます。しかし写真のように本体にくっつけてセットしますと、回りにおいたボトルがエネルギーを吸収してしまうので本体に乗せた水はオルゴン化は遅くなります。 2~4㌢程度離してセットして下さい。

・ この製品は中心に500mlのペットボトル3本か2㍑1本置けます。

・田んぼや畑、自宅に使うと良い製品です。

・左図はパワーK150の製品をイオン測定しました。その結果、上下の面や側面は皆60㌢の距離でマイナスイオンゼロの数値で測定できました。本体を中心として約120センチのバスケットボールのような形で場を作っていることを確認できました。

・K150のタイプは、回りに500mlのペットボトル11本置けます。しかし写真のように本体にくっつけてセットしますと、回りにおいたボトルがエネルギーを吸収してしまうので本体に乗せた水はオルゴン化は遅くなります。 2~4㌢程度離してセットして下さい。

この製品は中心に500mlのペットボトル2本と2㍑2本置けます。

・田んぼに使うには適している製品です。