1年8ヶ月経った生卵を目玉焼きにして食べました

信じられますか? とても信じて頂けそうもない話ですが、本当のことです。
新潟市にお住まいのN・Kさんから、電話で生卵の相談を受けて早速カメラを持って伺いました。

オルゴンプレートが入っている冷蔵庫に、約1年8ヶ月前に購入した生卵をチルド室に入れておいたそうです。パックには卵が3個残っていて、捨てる前に卵の中身を確認、そしてびっくり・・・
買ってきたばかりの卵よりも、黄身が高く盛り上がって爪楊枝もしっかりと立ちました。食べようか? 捨てようか? ともするとジンマシンが? 迷っての相談でした。

お話をお聞きしながら写真を撮りました。冷蔵庫に1ヶ月も入れて置きますと普通は黄身は崩れてドロドロになります。しかしこの生卵は爪楊枝が3本も立ちますニオイを嗅いでも嫌なニオイはしません。3個あった卵のうち2個は目玉焼きにして1個ずつ食べました。黄身はとても濃厚で、白身はパワーが感じられ、1年以上も経っているとは信じられない味でした。何ともなかったN・Kさんは、最後の卵も翌朝、目玉焼きにして食べたそうです。
お友達が訪れるたびにこのお話をされるので、下記の写真4枚をさし上げました。

今回の体験でわかったこと。
・オルゴンエネルギー発生製品が冷蔵庫に入れてある条件下で、水分が充分に供給されるチルド室のような環境においては生卵は2年以上でも新鮮さを保つことが出来ると言うことが確認できました。

オルゴンエネルギーの底力は生命に関与していています。私達の細胞と動物の細胞と卵の細胞に違いはないと強く思いました。

 

Follow me!